読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

COLORFUL

Man reist nicht um anzukommen, sondern um zu reisen.

二転三転、ハワイへの道 (: ANAフライトスケジュールの変更

マイル

先ほど、こんなメールがANAから届きました。

【 ANAより】ご予約便についての重要なご案内

ご予約のフライトに変更が発生しましたのでご案内します。

 

夏に計画していたハワイ旅行のフライトスケジュールが変更になったという知らせで、ともに2時間ほど早い出発となったそうで… あ、それじゃあ、行きは19時前出発か…

 

え、それ困るよ!!!

子どもがいる長距離フライトの場合、一番気になるのは往路の運行時間と子どもの就寝時間がマッチするかという点です。今回の場合、往路については18時40分出発となるので、もろに影響を受けることとなりそうです。絶対寝るタイミングを失って、ダラダラ起きているに違いありません。そのうえ、夫の仕事の都合的にも抜けられるのか厳しい。

そこで慌てて問い合わせたところ、ANAのフライトスケジュールを受けてフライトを変更またはキャンセルする場合は、「悪天候など不可抗力が理由の変更・払い戻し」「機材故障などが理由の振替・払い戻し」と同じ扱いを受けることを知りました。

すなわち、フライトの変更の場合は、

  • 空席があるANAグループ対象便への振替
  • 予約便の振替に伴い、変更後の運賃、税金・料金等の金額が購入時の金額より高額となる場合、差額は発生しない
  • 変更後の運賃、税金・料金等の金額が、購入時の金額より低額な場合は差額が払い戻される 

フライトそのものをキャンセルする場合は、

  • 払い戻しに伴う手数料はかからない
  • クレジットカードでの支払いの場合は、クレジットカード口座への払い戻し
  • ANA SKY コインでの支払いの場合は、SKY コイン最新口座(遅延・欠航の発生月の口座)への払い戻し

となるようです。ただし、航空券購入後、日付変更を行い変更手数料が発生していたような場合、その分については払い戻しはないとのことでした。

 

思えば、今回のハワイ旅行計画はこれまでも変更のオンパレードでした。まず、航空券を押さえた段階で、日程を勘違いしていたために変更。変更手数料59,470円がかかりました… 

次に、スターウッド系ホテルの予約が公式サイトを介していないことに気付いて変更。

そのうえ今回のメール。これはもう、

 

 

今年の夏はハワイに行くな

というなんらかの啓示にちがいありません…

 

一応、往路も復路も、当初予定していた便より一便あとの便で席を確保してもらえることにはなっているのですが、キャンセルすると思います (:

というのも、このチケットを発券したときはまだポイントサイトを活用した陸マイラー生活の世界を知る前のことで、30,000円分だけSKYコインでまかない、あとはすべて自腹です。お値段、約30万。
その直後にテラヤマアニさんのブログに出会って、ポイントサイトやソラチカルートを知ったときはなんとか取消手数料なしにキャンセルできないものか考えたものでした。

一方、たったの一年我慢すれば、その約30万円分をポイントサイト経由で貯めることができてしまう。プライスレス。
そのうえ、来年ならSFCだって持っているにちがいないし、なんなら夏前にSPGアメックスを発行して、来年のロイヤルハワイアンホテル一泊分は無料宿泊にしてしまうことだってできてしまうなんて夢も広がります。

 

ということで、今夏のハワイは泣く泣く諦めてSFC修行に尽力を注ぎたいと思います!  

 

 

まだ航空券で自腹を消耗してるの?

来年のいまごろわたしそうつぶやいているかもしれません…