読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

COLORFUL

Man reist nicht um anzukommen, sondern um zu reisen.

ポイントサイトを利用して信じられないくらい大量のANAマイルを貯める!〜下準備編

マイル ポイントサイト

目次

 

これまで、ANAの飛行機に無料で乗るにはマイルを貯めて特典航空券かSKYコインを利用すること。マイルを貯めるには 1.フライト、2.クレジットカード決済、3.ポイントサイトの利用という3つの手段があるなんて話をしてきました。

 

クレジットカードについてはこちら。

 

今回は、ANAマイルを大量に貯めるために必須となるポイントサイトの活用についてです。

 

各種ポイントをマイルに交換する

ポイントと一言でいっても今日日いろんなポイントがありますよね。たとえば、TSUTAYAでDVDを借りればTポイントが貯まるし、楽天市場で買い物をすれば楽天スーパーポイントが貯まる。
Tポイントも楽天スーパーポイントもANAマイルに交換することができますが、交換率は50%とやや少ないうえ、これらのポイントを大量に貯めること自体が難しいですよね。

そこで活躍するのがポイントサイトです。

 

ポイントサイトとは

オンラインショッピングや資料請求、クレジットカードの発行、モニターなどをそのポイントサイトを経由して行うことにより独自のポイントを付与してくれる仕組みをもつサイトのことでした。

詳しくはこちらで。 

 

ポイントサイトの利用方法はとてもシンプルです。会員登録(無料)を行ってから、ポイントサイトで広告掲載されているものを利用するだけです。
たとえば、ハピタスというポイントサイトではケンコーコムというお店の広告が掲載されています。ここ、楽天市場でよくお買い物をするという方なら定番のお店の一つだと思うのですが(1,900円以上の購入で送料無料なので便利なのです◎)、ハピタスから商品購入をすれば、購入代金の3.6%とボーナスポイント200ptをハピタスポイント(1pt=1円=0.9マイル)で還元されます。

f:id:sakuralego:20170116114259p:plain

 

いまの例では商品購入代金がかかりますが、まるっきり無料で利用できてポイントが貯まるものには銀行口座の開設なんかもあります。これなんか口座開設だけで1,500pt(1,500円/1,350マイル)貯まります。

f:id:sakuralego:20170116115952p:plain

実際の手順としては、案件詳細にポイント獲得条件などが書いてあるので、これに反しないように申し込みを行います。

f:id:sakuralego:20170116120638p:plain

あとはポイント加算されるのを待つだけです。この案件の場合、開設完了後約90日と書いてあるので、ポイント獲得条件に反していなければ、90日後に1,500ptが加算されます :)

加算されたポイントはマイルのほか、現金や電子マネー、Amazonギフト券や楽天スーパーポイントなどさまざまなものへ交換できます。

 

貯めたポイントの効率的なANAマイル移行方法

こんな風にしてポイントサイトで貯めたポイントは順次マイルへ移行していきます。なお、1マイルには1円以上の価値があるということについて非常に分かりやすい説明がルールさんの記事に書いてあります。お世話になっています!

 

ポイントサイトで貯めたポイントは交換方法によって還元率が大きく変わってきます。たとえば、ちょびリッチというポイントサイトでは、貯めたポイントをちょびリッチからANAマイルへダイレクトに移行できますが、1ちょびポイント=0.5円なので、ポイント還元率は50%です。

f:id:sakuralego:20170116123035p:plain

f:id:sakuralego:20170116124122p:plain

ところがこれを次のような手順でメトロポイントを経由してANAマイルへ移行すると、その還元率はなんと90%にまで上がります。

f:id:sakuralego:20170116124228p:plain

これは、メトロポイントからANAマイルへの移行が交換率90%でできることに着目した交換ルートで通称ソラチカルートといわれています。

 

ソラチカルートとは 

東京メトロが発行するクレジットカードANA To Me PASMO JCB ソラチカカードが提供するメトロポイントの、ANAマイルへの脅威的な交換率を利用した陸マイラーの生命線ともいえる交換ルートのこと。

f:id:sakuralego:20170115071518p:plain

このルート、ANA VISAワイドゴールドカードのボーナスポイントをANAマイルへ移行するときにも使ったように、ポイントをANAマイルに移行するに際して、いかにこのソラチカルートへ乗せるかが交換レートを上げる鍵になります。ソラチカルートに乗せられないポイントというのは、Tポイントや楽天スーパーポイント、何もしなかったときのちょびリッチポイントのようにANAマイルへの交換率が50%だとかになってしまいます。
そのため、陸マイラーにとってソラチカカードというのは必携のクレジットカードになります。

 

陸マイラー生活におけるソラチカカード発行は一番初めにすべきこと

それではここでソラチカカードについて簡単に見てみましょう。

  • 年会費:2,000円/家族会員:1,000円
  • ボーナスマイル:1,000マイル、積算率10%
  • 移行手数料:5,400円(10マイルコース)/無料(5マイルコース)
  • 発行会社:東京地下鉄株式会社

ソラチカカードの利用で貯まるポイントには、東京メトロのポイントサービス「メトロポイント」とカード会社JCBのポイント「OkiDokiポイント」の2つがあり、上記移行手数料が発生するのはOkiDokiポイントを移行した場合です。

 

ポイント中継サイトとは

さて、ここで先ほどのちょびリッチからANAマイルへの移行についてもう一度見てみましょう。

f:id:sakuralego:20170116124228p:plain

ちょびリッチと東京メトロの間に、.moneyというものがあります。これ、ちょびリッチのポイントをソラチカルートへ乗せるために利用しているポイント中継サイトというもので、ポイントサイトで貯めたポイントをまとめて、現金や電子マネー、各種ポイントに交換することができます。ちょびリッチの交換先にメトロポイントがないためにこのようなことをしています。

 

さて、このようにとても重要な役割を担うポイント中継サイトですが、陸マイラー生活で主に使うポイント中継サイトは次の3つです。GポイントはANA VISAワイドゴールドカードのボーナスポイントを移行するときに使うんでしたね。
これらのポイント中継サイトからメトロポイントへポイントを交換した場合の交換レートなどをまとめてみました。

  Gポイント .money PeX
円換算 1G=1円 1マネー=1円 1pt=0.1円
交換レート 100G=100pt 300マネー=300pt 1,000pt=10pt
交換手数料 5%*1 なし 500pt定額
交換単位 100G 1マネー 1,000pt
最小交換額 100G 300マネー 1,000pt+手数料
最大交換額 なし なし 1,000,000pt
有効期限 実質なし 6ヶ月 実質なし
交換予定日 15日までの申請で、翌月11日頃にメトロポイントへ移行

*1 Gポイントサイト内の対象ショップ・サービスでのお買い物や会員登録など、ポイント交換手数料還元対象サービスを利用して、対象期間内に1件でもポイント獲得が完了していれば手数料は戻ります。(詳しくはこちらから。)

 

各ポイントサイトの比較まとめ

最後に、わたしが登録しているポイントサイトのもっとも効率のいい交換ルートとその特徴をまとめてみました。どのポイントサイトも似たような案件を扱っているのですが、ポイントサイトごとにその還元値が異なるので「どこ得?」で調べながら作業しています :) また、ポイント還元が大きいモニター案件は扱っているサイトとそうでないサイトがあるので明記してみました。

.moneyを経由してメトロポイントが◎

  ハピタス ちょびリッチ モッピー
円換算 1pt=1円 1pt=0.5円 1pt=1円
交換レート 100pt=100マネー 1,000pt=500マネー 500pt=500マネー
交換手数料 なし なし なし
交換単位 100pt 1,000pt 500pt
最小交換額 300pt 1,000pt 500pt
最大交換額 30,000pt/月 60,000/日 なし
モニター案件 なし あり あり
交換予定日 3営業日 リアルタイム

 

Pexを経由してメトロポイントが◎

  GetMoney! ポイントタウン ファンくる
円換算 10pt=1円 1pt=0.05円 1pt=0.1円
交換レート 5,000pt=5,000Pex 10,000pt=5,000Pex 1,000Rpt=1,000Pex
交換手数料 なし なし なし
交換単位 調べ中 *1 500Rpt
最小交換額 5,000pt 10,000pt 5,000Rpt
最大交換額 なし 100,000Rpt/回
モニター案件 あり あり あり
交換予定日 7営業日 即日〜翌営業日 リアルタイム

*1 10,000pt、30,000pt、50,000ptという交換単位の中から選択。

 

ポイントサイトからANAマイル移行までのタイムスケジュール

最短で2ヶ月ですね。

毎月5日にポイントサイトから中継サイトへ移行、12日にポイントサイトからソラチカへの移行、ソラチカからANAマイルへの移行をリマインダーなどに登録しておくと忘れなくて◎

ポイントサイトの移行先と交換スケジュール

  交換先 交換完了日 注意すべき交換上限
ハピタス .money 3営業日 30,000/月
ちょびリッチ .money リアルタイム 60,000/日
モッピー .money リアルタイム  -
GetMoney! Pex 7営業日  -
ポイントタウン Pex 即日〜翌営業日  -
ファンくる Pex リアルタイム  -

 

ポイント中継サイトからソラチカへの交換スケジュール

  交換先 交換締め日 注意点
.money ソラチカ 当月15日までの交換で翌11日頃に交換完了  -
Pex
Gポイント  -

 

 ソラチカからANAマイルへ

  交換先 交換締め日 注意点
ソラチカ ANA 当月15日までの交換で翌5日前後に交換完了  *月に1回、20,000ptまでしか交換できない

*毎月、ソラチカでポイントの処理を終えるのは11日頃。よって、ソラチカルートが渋滞を起こし、12日〜15日までの間でしかANAマイルへ移行できなくなる。

 

加筆修正日:2017年1月16日