読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

COLORFUL

Man reist nicht um anzukommen, sondern um zu reisen.

リモート修行僧とわたし。ビジネスクラスでハワイに行きたいがためにSFC修行を勝手に誓ってみる

貯まったマイルと交換して無料のフライトを楽しめる夢のようなチケット、特典航空券。ところが、特典航空券のために用意されている座席数には限りがあり、空席確保は非常に難しい。大型連休に利用するのなら、少なくとも予約期間開始日(国内線なら搭乗2ヶ月前の同一日9:30から、国際線なら搭乗の355日前(搭乗日は含まない)の午前9時から)には申し込む必要が出てくる。

そのうえ、特典航空券向けに解放されるホノルル線・ビジネスクラスの座席数はたったの2席だそうで、マイルが捨てるほどあったとしても3人家族の我が家が特典航空券を利用して同じ便のビジネスクラスを3席確保するのは不可能で、このままでは夫だけエコノミーに乗るハメに。

 

 

このままでは夫だけエコのミニーに乗るハメに。
大事なことなので二度言いました。

 

こんな話をしはじめたのは、前回の記事に先立って、来年夏のハワイ行きの便を取っていたのですが、8ヶ月前の時点でも特典航空券の空席は皆無で、仕方なくマイルをSKYコインへ交換して航空券を購入したという経緯がありました。

 

陸マイラー生活でせっかくマイルをたくさん貯めても気軽に使えないのはどうしたものかと陸マイラーの先輩たちのブログを読んでいると、そこには S F C の3文字が… 

 

SFCとは 

SFC(スーパーフライヤーズカード)とは、ANAが提供する特別なクレジットカード付・年会費有料のカードのことで、これを保有するだけでANAの上級会員(プレミアムメンバー)資格であるプラチナサービスとほぼ同等の優待を受けることができるもの。

なお、プレミアムメンバーとは、前年度の搭乗実績に応じて付与されるステイタスのことで、ブロンズ、プラチナ、ダイヤモンドの3段階のステイタスがあります。

SFC所有者が受けられる優先内容は次のとおり。

  • プレムアムメンバー専用サービスデスクの利用
  • ANAラウンジの利用
  • 国際線空席時のプレミアムエコノミーへの追加料金なしでの変更
  • 国内線座席指定の優先
  • キャンセル待ちの優先
  • 国際線特典航空券の優先
  • 手荷物受け取りの優先
  • 手荷物許容量の優待
  • 専用保安検査場の利用

*ここに掲載したのは優先特典の一部です。

このSFC会員とプラチナサービスメンバーとの大きな違いは、ANAの上級会員資格が前年度の搭乗実績に応じて一年間限定で付与されるものに対して、SFCの会員資格はカード年会費を払い続けるかぎり、その資格を保持できます。
一方、プラチナサービスメンバーにあって、SFC会員にはない特典として、国内線先行予約や国内線座席指定優先サービスなどがあります。

 

しかし、ここでわたしが注目したいのは、特典航空券の取りやすさ。

kowagari.hateblo.jp

テラヤマアニさんの記事がとても参考になりました :)

 

さて、そんなわけでSFCの会員資格を得るため飛行機に乗る、SFC修行を2017年に実施することにしました。

なお、SFCは通常のクレジットカードと同じく、本会員と生計が同一の配偶者、親、満18歳以上の子(高校生を除く)が家族カードを発行することができ、家族会員は本会員とほぼ同等の特典を得られるため、家族一人が修行をすれば十分といえます。
そこで我が家では夫が修行することになりました。SFCのSの字どころか、マイルって何?というレベルなので、よく分からないけど飛ばされている感たっぷりの修行になるのではと思っております。

陸マイラー生活をはじめたのが、2016年の12月25日からなので、ポイントもマイルもないスタートになりますが、2017年中には頑張らせてって取りたいと思います。